出会いの差が恵比寿では非常に大きい

。コーナーは6つあり、外枠に入ると最初から外に出ますので、内からの距離の差が非常に大きく、体力を消耗します。中が荒れて走りづらい場合は差が埋められますが、近年、高速乗馬場では内外の差が出てきています。前回ピンクハットを獲得したのは2008年の出会いで、その後は2017年3回目はサトノ・ダイアモンドを除いて誰もが着用する人気の馬もフレームで大敗。
出会いがこの欠点を覆すことはできないと思います。今回はそれは良いですし、おそらく3つです。出会い、今回は目立った脱走馬がいないため、ペースが遅くなっても関係ないかもしれません。
「天皇賞・春季大会登録(競馬)」
えっと、タガノディアマンテはない!?
のどになったら助けられませんか?私はあなたにそれを治して、また戻ってきて欲しいです。

コメント