恵比寿の出会いをまだ愛すべきです

まだ色が落ちていないのに景色を見ることに失望している人たちに、季節の言葉「明るい紅葉」を与えたいと思います。これも愛すべきです。

恵比寿の出会い
(高野純)
歌姫の叫びと裏切られた愛
*恵比寿の出会いベット」

陽炎の輝く紅葉と初秋の空の月光かつら
(アヒル長明)
桂は落葉性のオークの木で、秋には葉が黄色からオレンジ色に美しく落ちます。

恵比寿 出会い

月の餅ウサギのように、日本人は月桂樹とその枝を切った男として月の影のように見えました。
桂は金木一樹です。紅葉はありません。日本に伝わると、漢字から恵比寿の出会いの木に伝わりました。
(月のように、葉の色はまだ青く、初秋の空は輝かずに輝いています)
月明かりの夜空を歌う和歌。
加茂長秋は方丈で有名です。
(行く川の流れは絶えずあり、本の水の中ではありません。停滞に浮かぶ人は消え、長い間縛られています。)
和歌と保城をつなぐと感動します。

コメント