恵比寿の出会いの前に顔をきれいにする

恵比寿の出会いの高い山で聞いた風の音を持ち帰ったと、そっと言いたいようです。

ダニの水にひらひらと光る紅葉

*おてず
恵比寿の出会いやお寺を訪れる前に手と顔をきれいにする水。

万華鏡以外の色のない風の中
(橋本裕二)
フラミンゴなしで風の中を歩く
(たてこ)

恵比寿 出会い

画像はアンデスのマチュピチュ遺跡です。
ケナは、南米ペルーで生まれた日本の尺八に似た縦Peruです。

遠い昔のワカ語の「無色の風」を考えてください。それは、小さな手がかりからあなたが一度も行ったことのない遠い外国を考えるようなものです。

恵比寿の出会い「季節の言葉」と考えられている「無色の風」は、単なる「秋の風」というよりも、遠い外国のような過去の人々の感情に関連した言葉のように感じられます。

ケナの口調を聞いたことがありますか?

コメント