恵比寿の出会いは想像力に委ねられます

鉛筆で書かれたものであれ、他の誰かによって書かれたものであれ、読者の想像力に委ねられます。フレーズ。
恵比寿の出会いのイメージ=甘酸っぱい思い出。 (簡単?)

問題は「コイブント」の助詞「to」にあります。恵比寿の出会いで書かれたラブレターだけでなく、記憶に残るアイテム、言葉、時代遅れの場所なども「酸」でうまく機能しているかどうか。

恵比寿 出会い

鉛筆で俳句を作りました。
色のないアンデスの風とケナの音


色のない風
秋の三季
子供の頃の言葉は風の色、自然の風です。

秋の風。 「無色」とは、豪華な色で光沢がないことを意味します。

秋の風が入ってきたら見えるかしら
(恵比寿の出会い)
あなたが秋に落ちる心を持っている場合、あなたは色のない風を考えることさえできません。

コメント