海老名の出会いがどんなものか

一方、「解釈」は、

作家に対して
"海老名の出会いはそれがどんなものなのか"
そして理解を示すもの。


文中に単語がない場合

「解釈」では、

細かいことなく広がる
たとえ作家が何を伝えたいのかを否定しないとしても
海老名の出会い通らないものがあります。

数学に入れるための "集合/論理"
A⊆BまたはA∪Bの論理です。

海老名出会い


私は日記を読んだ。

私はその日記の解説者と同じ "解釈"をしました。

作家は言い訳をする。


ミクロ表現にマクロ解釈した翻訳です

海老名の出会いのような作家の言葉がなくても。


「十分な言葉がなかったので、あなたは私を誤解させた。

私がそれを言うとしても。

 

コメント